パソコン廃棄方法

パソコンを廃棄・処分するには?

デスクトップパソコン

古いパソコンや使わなくなったパソコンを処分したり廃棄する際の、注意点や廃棄方法を紹介します。

パソコンやディスプレイモニターは、平成15年10月から「資源有効利用促進法」によりメーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられました。

 

リサイクルの対象は、デスクトップパソコン、ノートパソコン、液晶ディスプレイ、CRTディスプレイ、液晶と本体の一体型パソコンなどですが、不燃物・粗大ゴミとして出すことは出来ません。

 

PCメーカーに回収廃棄してもらう方法

PCリサイクルマーク

不用になったパソコンをメーカーに回収廃棄してもらう方法。

PCリサイクル法に基づきパソコンメーカーが回収します。
PCリサイクルマークが付いている場合は無料ですが、PCリサイクルマークが付いていないパソコン(平成15年10月以前に発売されたパソコン)は、有料になります。
データ消去は 自分で行うことになります。また自作のパソコンや日本から撤退したメーカーなども回収先が設けられています。

 排出されるパソコン  リサイクル料金(税抜き)
 ノートパソコン本体

 デスクトップパソコン本体
 液晶ディスプレイ/液晶一体型パソコン

 3,000円
 ブラウン管(CRT)ディスプレイ/CRT一体型パソコン  4,000円

 

メーカーによる回収・廃棄は、指定された方法に従ってください。
所有しているパソコンのメーカーによって廃棄・処分方法は異なってきます。メーカーごとに問い合わせ窓口が用意されていますので連絡して確認してください。
PC3R 一般社団法人 パソコン3R推進協会

 

平成15年10月以降に販売された家庭向けパソコンにはPCリサイクルマークが貼付されています。このマークが付いているパソコンの場合は廃棄の際に新たな料金がかかることはありませんが、送料などは自己負担となります。

 

プリンターやキーボード、マウスなど周辺機器の廃棄方法

プリンターやキーボード、マウスなど周辺機器は対象にはならないため、自治体などで不燃物・粗大ゴミとして出すことも出来ますが、各自治体により対応は異なります。家庭ごみのごみじゃぽんサイトのごみの出し方ページで調べることが出来ます。

 

パソコンの廃棄・処分方法には、いくつか方法がありますが、注意したいのはデータの取り扱いです。パソコンにはハードディスクが内蔵されており、大切なデータが入っています。

 

ハードディスク

パソコンが起動しないとか、初期化したなどの場合でもハードディスクのデータがは完全に消えているというわけではありません。特殊な方法を使えば読み取ることは可能らしいのです。

 

重要なデータなどを保存しているパソコンを処分する場合は、特にハードディスクに気を付けたほうが良いと思います。

 

お金をかけずにパソコン廃棄・処分する方法

パソコンを無料で廃棄処分する方法の紹介。
無料でデータも消去できて安心してパソコン廃棄・処分ができる0円処分方法があります。

 

近くに廃棄・処分するところがなくても、インターネットで検索すると古いパソコン・使わなくなったパソコンを無料で廃棄・処分できるところがあります。送料も無料という、全くお金をかけずに処分する方法です。
ハードディスクのデータ消去も行ってくれて、必要ならば消去証明書も発行してくれるので安心してお任せできるのです。

 

↓0円回収詳しくはこちらのホームページへ
パソコン無料回収

(沖縄県・離島は『送料無料便』がご利用できません。)

 

パソコンの廃棄・処分を無料でやってくれる会社はなぜ無料なのか?

古いパソコンや壊れたパソコン・ディスプレイなどのなかには使い道にならないものあります。
そういった中から再生可能なCPUやメモリ、グラフィックボードなどのパソコン部品を取り出して、再利用・リサイクルしようということもあると思います。

 

それからパソコン本体やパソコンの部品がほとんど金属で出来ているので、鉄やアルミとして再利用できるということにもなります。
パソコンの基盤には微量ですが、レアメタル(希少金属)が使かわれています。
このように廃棄・処分されるパソコンからは金属などの他に、レアメタルも取り出され再利用されているのです。
資源の少ない日本です。ごみとして捨てるのではなく再利用できるものはリサイクルしようという資源の有効利用が行われているわけです。

 

パソコンの買取・下取り

ノートパソコン

パソコンまたはパソコンの部品を買取や下取りに出したり、中古品としてオークションなどで販売するという方法もあります。

比較的性能が高いパソコン、珍しいパソコン(レアなパソコンや部品)などが対象になるようです。

買取の場合には本人確認書類の提出を求められます。
本人確認書類の提出は古物営業法で定められています。
古物営業法第15条(古物法)で、中古品・リサイクル品を扱うお店では古物営業法を守らなければいけません。
物を買い取る時には、必ず本人確認書類の提出をしてもらうことが古物営業法で定められています。

 

買取のポイント

1.パソコン本体の外観の確認
パソコンの本体をはじめ、ディスプレイも含めたパソコンの外観の状態をチェックします。キズ・汚れはもちろん、本体への外傷はパソコンの買取価格に影響を与えます。査定依頼の際は、できるだけきれいな状態で依頼することをお勧めしています。パソコンを高く売りたい方は是非実践をお勧めします。スマートフォンに関しても同様です。

 

2.パソコンのスペック確認
パソコンのスペックによって、性能も大きく異なるため、内部のパーツに変更がある際などもチェックの対象となります。ハイスペックにカスタマイズされたパソコンの場合、買取価格が高くなることもありますので、パソコンパーツを変更・カスタマイズされた際は、事前にお申し出いただくことをお勧めしています。

 

3.ソフトウェアの確認
Officeを初めとしたソフトウェアが搭載されているかを確認いたします。こちらもある場合、ない場合でパソコンの買取価格が異なりますので事前にお伝えいただくと、買取査定もスムーズに進みます。
TVでも話題のパソコン買取専門店

現在パソコンの性能はどんどん進化し、性能が高くて安いパソコンが増えてきているのが現状です。そういった事で古いパソコン・部品などはほとんど値段が付かないこともありますので、過度な期待はしないほうがいいでしょう。

 

まとめ

    パソコンを廃棄する場合

  • パソコンやディスプレイモニターは、平成15年10月から「資源有効利用促進法」によりメーカーによる自主回収・リサイクルが義務付けられました。
  • PCリサイクルマークがついていればPCメーカーに回収してもらえる。
  • PCリサイクルマークが無ければ、リサイクル料金を払ってPCメーカーに回収してもらう。
  •  

    PCマークが無くても0円回収
    ↓詳しくはこちらのホームページへ
    パソコン無料回収

    (沖縄県・離島は『送料無料便』がご利用できません。)

     

      パソコン買取の場合
    • 1.パソコン本体の外観の状態確認をする。
    • 2.パソコンのスペックを確認する。
    • 3.ソフトウェアの搭載を確認する。

     

     

    【PR】パソコン処分家庭ごみ粗大ごみ

更新履歴