CRTディスプレイ廃棄方法

CRTディスプレイ廃棄方法

ブラウン管(CRT)ディスプレイやCRT一体型パソコンの廃棄方法の紹介
パソコンを廃棄しようとする時に困るのが、古いブラウン管(CRT)ディスプレイやCRT一体型パソコンなどです。
ブラウン管(CRT)ディスプレイとはデスクトップパソコン本体と接続して使うモニターのことです。また、ブラウン管(CRT)一体型パソコンは、パソコンとモニターが一体という特徴があります。

 

●すぐにでも処分したいとお考えなら、こちら↓のサイトをご覧ください。
こちらの不用品回収で人気のある業者に見積もり依頼して、処分費用を確認してから考えてみましょう。


 

資源有効利用法によるパソコンリサイクル方法

ブラウン管(CRT)ディスプレイ、CRT一体型パソコン廃棄にはリサイクル料金が必要
これらのブラウン管(CRT)ディスプレイやCRT一体型パソコンも「資源有効利用促進法(PCリサイクル法)」によって、処分方法や費用が決められています。

 

 排出されるパソコン  リサイクル料金(税抜き)
 ブラウン管(CRT)ディスプレイ/CRT一体型パソコン  4,000円

 

 

平成15年10月以降に販売された家庭向けパソコンにはPCリサイクルマークが貼付されています。このマークが付いているパソコンの場合は廃棄の際に、リサイクル料金がかかることはありませんが、平成15年10月以前に販売された家庭向けパソコンやブラウン管(CRT)ディスプレイ、CRT一体型パソコンにはPCリサイクルマークが貼付されていません。

 

ですから、これらを廃棄しようとする場合には、リサイクル料金や送料などを自己負担して廃棄することになります。

 

ブラウン管(CRT)ディスプレイ、CRT一体型パソコンなども買い取ってもらうことが出来ればよいのですが、今では買取をしてくれる所はほとんどありません。

 

比較的新しいノートパソコン、デスクトップパソコン、液晶ディスプレイや液晶一体型パソコンなら買取をしてくれるところもありますが、性能の良い新しいパソコンが次から次へと発売されている状況では、買取に出してもあまり期待できそうにありません。

 

では、このブラウン管(CRT)ディスプレイ、CRT一体型パソコンなどは、どのようにして廃棄すればよいのでしょう。
家庭ごみ、粗大ごみでも出せないし、買取もしてくれない。そうなると、どうしてもリサイクル料金を払って廃棄せざるを得ません。

 

パソコン廃棄にお金をかけたくない気持ちはわかりますが、不法投棄をするのは犯罪です。

 

PCイラスト
ブラウン管ディスプレイの処分方法には主に2つあります。
@製造パソコンメーカーに回収してもらう
Aリサイクル業者に回収してもらう

という方法です。

 

どちらにしてもブラウン管(CRT)ディスプレイの廃棄には、リサイクル料金がかかります。
リサイクル料金…4,000円(税別)

 

 

@製造パソコンメーカーに回収してもらう

一般的な「パソコンメーカーに回収してもらう」場合は以下の通りです。

 

リサイクルする製品(パソコン)の型名を確認。

WEBから申し込む。

リサイクル料金を、クレジットカード決済か振替・コンビニ振込で支払う。

エコゆうパック伝票が届く。

簡易梱包・伝票を貼り付ける。

戸口集荷を依頼するか、郵便局に持ち込む。

 

 

Aリサイクル業者に回収してもらう場合

不用品回収業者に依頼する

ブラウン管(CRT)ディスプレイ、CRT一体型パソコンを処分するには、どうしてもお金がかかるわけです。そして手続きに郵便局に行ったり、重いテレビを運んだりするのは結構大変なことです。

 

どうやってもお金がかかるし、手続きも面倒、重いブラウン管(CRT)ディスプレイ、CRT一体型パソコンを運ぶのは、もっといやという場合には、家電販売店に依頼するか不用品回収業者に依頼するといいと思います。

 

こちらの不用品回収で人気のある業者に見積もり依頼して、処分費用を確認してから考えてみましょう。


 

重いブラウン管(CRT)ディスプレイ、CRT一体型パソコンを運ぶのも、すべてやってくれます。

 

パソコン関連情報
プリンターやキーボード、マウスなど周辺機器は、自治体などで資源ごみ、不燃物・粗大ゴミとして出すことも出来ますが、各自治体により対応が異なります。家庭ごみのごみじゃぽんサイトのごみの出し方ページで調べることが出来ます。

 

 

【CRTディスプレイ廃棄方法】

スポンサード リンク